FANDOM



Chapter 3: The Patient

The rain let up before they realized, draping them in humid air.

'It's...quite the hospital, isn't it?' The Emeria General Hospital was built only last year. A marvelous structure, pristine and dignified. Clearly a project the prince could be proud of.

'Doctor Glenn, this way.' Sherry welcomed the awestruck Glenn further inside.

As a doctor not employed by the hospital, Glenn examining a patient was taboo. He had hoped to stand out as little as possible, but in this spotless ward with its intensely white interior, Glenn's dirty appearance stuck out like a sore thumb. Stares from patients and staff alike bore down on him.

Sherry and Glenn proceeded to the pediatric ward, room number 303. Sherry knocked thrice, then opened the door to meet Hugo, an innocent-looking boy around fourteen years of age.

'Sherry! Where did you goooo?' Hugo knew the apologizing Sherry well. 'Brazen' would perfectly describe the boy. Sherry introduced Glenn, and the boy greeted him with a friendly 'Nice to meet you!' Glenn didn't answer and instead swept his eyes around the room. He spotted a violin leaning against the wall and remembered what Sherry had told him along the way.

Hugo had won a great number of awards as a violin prodigy. Last month, magazines even ran features on him. Just when his fame was reaching its peak, he was struck with crystallization.

Glenn made a sour face. He saw the boy wore thick gloves on both hands. Gloves. Patients with the disease often wear them to conceal symptoms.

'I'll begin a medical exam at once,' Glenn announced, and immediately approached and grabbed his right wrist forcefully.

'Wh-What are you doing?!' Hugo fiercely resisted, but couldn't break free.

Sherry watched the reckless 'examination,' worried. Glenn forcibly removed the glove. Hugo was flustered, but not even adults could have escaped Glenn's brawny arm.

Glenn gasped upon seeing the gleam.

Where one should have seen a boy's tender hand, instead there gleamed a cold, crystalline shape, sparkling like septium--emerald green like esmelas.

This was crystallization, indeed.

第3回 患者

いつの間にか雨は上がり、 あたりは湿った空気に包まれていた。

「こんな物が出来ていたのか……」 エメリア総合病院──昨年建造された病棟は 真新しくも威厳を感じさせる立派な建物だった。 さすが、大公家が出資したというだけのことはある。 「グレン先生、こっちです。」 思わず呆けてしまっていたグレンを、 シェリーは病院内へと誘導する。 病院の医者ではないグレンに 患者を診察させるのはタブーだ。 出来ることなら目立ちたくはない。 だが、白を基調にデザインされた 清潔感あふれる病棟内を歩くと、 薄汚れた身なりのグレンはより浮いて見えた。

すれ違う外来患者や病院職員がいちいち こちらを振り向くのを鬱陶しく感じる。

入院病棟に移って更に奥へ進むと、 小児病棟に辿りついた。 303号室と番号を割り振られた個室部屋。 シェリーが扉を3度ノックして扉を開けると、 白いベッドにパジャマ姿の少年が座っている。 少年の名はヒューゴといった。 歳は14といった所であどけない顔つきをしている。

「シェリー姉ちゃん! どこ行ってたんだよ〜。」 ごめんね、と謝るシェリーに対して ヒューゴは随分なれなれしい態度をとる。  “生意気”という言葉がピタリとはまる少年だ。 シェリーがグレンを紹介すると、 彼は人懐こく「よろしくな〜」と挨拶してきた。 グレンは、それを無視して病室を見回す。 ふと、壁に立てかけられたバイオリンが目に入り、 道すがらシェリーに聞いていた話を思い出す。

ヒューゴは天才少年バイオリニストとして いくつものコンクールで優勝していた。 つい先月には雑誌などで取り上げられ 周囲からの注目が最高潮に達していた時、 《結晶病》にかかってしまったという事だった。

グレンは苦虫を噛み潰したような顔になった。 少年の両手に厚手の手袋を確認したからだ。 ──手に症状の出た《結晶病》の患者が それを隠すためにつけるものだった。

「早速、診察を始めるぞ。」 言うや否や、グレンはヒューゴに近づき、 その右手首を強引に掴み上げた。

「な、なにすんだよ!」 ヒューゴは激しく抵抗したが、 手首から上はピクリとも動かない。

乱暴な「診察」を心配そうに見守るシェリー。 グレンはそのまま、無理矢理手袋を外しにかかる。 中を見られまいと慌てるヒューゴだったが、 大人でも屈強な部類に入るグレンの腕を 引き剥がすことはできなかった。

──露になった手を見てグレンは息を飲んだ。

少年の柔らかい手があるはずのそこには、 翠耀石(エスメラス)のような結晶が冷たく輝いていたのだ。

そう、これがまさに《結晶病》だった。

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.