FANDOM



Chapter 4: Crystallization

On closer inspection, the crystal resembled a carving of a human hand, like an exquisite work of art. But a sculptor talented and experienced enough to craft something that felt so alive had yet to be born.

It's because this dazzling esmelas crystal really was once Hugo's hand. The effects manifest quickly, crystallizing the body from the tips of one's fingers or toes. Whatever is crystallized doesn't hurt, but remains frozen in place. It continues to spread, and after about a month, it will reach the heart and turn fatal.

This disease is crystallization. Its cause is unknown. And only amputating the crystallized parts can save the victim from a cruel death. Hugo could survive, but at a bleak cost for an aspiring violinist like himself.

Glenn stood transfixed, gaping at the hand. Memories flooded through him like electric jolts. When he was still a respectable doctor, he had tried to take on the crystallization disease.

But all it brought him was--

'Let go of me, big idiooot!'

The boy's scream brought Glenn back to his senses. Wriggling back and forth, Hugo had finally wrenched himself free of the mighty arm. He then launched a verbal assault on Glenn, frustrated that that this stranger had seen the state of his hand. His words didn't reach the doctor.

'Damn it, what did you do that for?!' Finally, Sherry comforted the now crying boy. It took a while to settle him down, but eventually he crawled back into his bed, pouting.

Glenn and Sherry left the boy to talk outside.

For a while, the two of them stood and didn't exchange any words. In the end, it was Glenn who broke the silence.

'The brat's crystallization is at an early stage. If he is operated on immediately, his life will be saved. Any surgeon at this hospital can do an amputation,' he paused. 'What do you want from me?' Glenn's voice revealed that his spirit from earlier had evaporated.

'Hugo has more than enough talent to realize his dream of becoming a professional violinist. That very dream defines his life. Doctor Glenn, I want you to cure his crystallization, without sacrificing his hands. I want you to make the impossible possible,' Sherry pleaded.

'Doctors aren't gods.'

Sherry felt abandoned and discouraged. She could not find any more words to convince Glenn. In turn, he said nothing more.

Neither of them would end the silence.

第4回 結晶病

それはよく観察すると、あまりにも生々しい“人間の手”を形作っているのがわかる。まるで精巧な美術品のようだった。

だが、どんなに老練した彫刻家といえど、ここまでの息づきを感じられる作品を作ることはできないだろう。

なぜなら、この美しい翠耀石(エスメラス)のような結晶は、“もとは少年の手だったもの”だからだ。この病は手、あるいは足の先から突然発症し、徐々に肉体を結晶化し始める。結晶化した部分に痛みはないが、少したりとも動かす事ができなくなる。そして1ヶ月前後の時間が経つとそれは心臓に及び、患者は死に至る。

──これが《結晶病》の症状だ。何が原因でこのような病が発生したのか、それは未だに解明されていない。唯一分かっているのは、《結晶病》の死から免れる一つの方法のみだ。すなわち、“結晶化した部分を切除する”こと。そうすれば命だけは助かるのだ。……だが、バイオリニストの夢を持つ彼にとって、それはあまりに酷な意味を持っていた。

症状を目の当たりにしたグレンは茫然としていた。彼の脳裏に過去の記憶が電流のように迸る。グレンは過去、医者として《結晶病》に挑んだ。そして…… そして……

「──離せっ、バカヤロー!!」

少年の叫び声で、グレンは我に返った。ヒューゴは体をくねらせて、ようやく筋肉質の腕を振りほどく。よほど手を見られるのが嫌だったらしく、その後は激しい罵倒の言葉を浴びせ続けた。グレンは甘んじてそれを受けた。   「ちくしょう、なんだってんだよっ……!」ついには涙を流しだした少年を、シェリーが慰める。しばらくしてようやく落ち着いた少年は、ふてくされるようにベッドに潜り込んでしまった。

少年を残して病室の外に出る。

二人はしばらく沈黙していたが、やがてグレンがぽつぽつと話し始める。

「……あのガキの結晶化は初期段階だ。すぐに手術をすれば命は助かるだろう。」

「この病院の外科医なら誰にだって出来る手術だ。」

「……お前は俺に何をさせようというんだ?」

グレンの声には先程までの覇気がなかった。

「……ヒューゴ君にはバイオリニストになるという夢と、それを叶える充分な才能があります。」

「それはあの子にとって『命』と同等といえるものなんです。」

「グレン先生には……あの子が手を失わない方法で、結晶病を治して欲しいんです。」

『不可能を可能にしてほしい。』

シェリーの言っていることはそういう類のものだ。「……医者は神様じゃないんでな。」

グレンに突き放すように言われ、シェリーの顔に落胆の色が浮かぶ。何とか食い下がろうと言葉を探したが、最適なものは見つからなかった。彼もまた、それ以上話そうとはしない。

次の言葉を発したのは……グレンとシェリー、どちらでもなかった。

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.