FANDOM


Chapter 7: The Clash

Hearing the news from Rufus, Sherry objected. 'W-Wait! Doctor Rufus! It's too soon!'

'Unfortunately, the symptoms of crystallization won't wait. We need to operate as soon as we can.'

Glenn, still gazing at the city, did not show any reaction. He silently listened.

'It was decided along with Hugo's consent. As a nurse, you aren't in a position to object.' Sherry was bested by Rufus' cold statement. She held her tongue.

He was right. Hugo's 14-year-old body was smaller than most adults, so the time left until his heart would crystallize was also shorter. Operating soon would be a doctor's immediate conclusion.

Even so, Sherry protested. 'Doctor... Do you think nothing of Hugo losing his hands?!'

'Saving his life is my top priority. He won't be able to pursue any dream if he dies,' Rufus replied without hesitation. In his conviction, Sherry could could feel the pain of losing Katarina. Knowing this, she couldn't hide her sorrow.

'I will save the child,' Rufus declared to the large-framed doctor. He could see his back was still turned.

'You saved me the trouble of declining. Do your best, Doctor Rufus,' Glenn said, waving backwards. He left without exchanging a single glance with Rufus.

'...Pathetic,' muttered Rufus. He urged Sherry to return to work. He would let it slide, this time, that she had secretly called in an unregistered doctor.

Her shoulders sagged. She listened with her eyes fixed on the ground. She was lost in thought.

'Don't involve him. It'll only make it more difficult for you.'

Sherry raised her head at those words, and looked into Rufus' eyes.

'I'm sorry, Doctor Rufus. There's one thing I forgot to tell Glenn.'

'What?' Without answering the question, Sherry left in a hurry.

Rufus was now alone on the roof. The wind made his white coat flutter. He put a hand on his forehead and sighed. 'Dear me.'

第7回 衝突

手術の期日を告げたルーファスに、 シェリーは慌てて反論する。 「ま、待ってください、ルーファス先生!いくらなんでも急すぎます!」

「《結晶病》の症状は待ってはくれない。手術するなら早いほうがいい。」 屋上からの景色を眺めたままのグレンは それに何の反応も示さない。 ただ黙って聞いているだけだ。 「さっきヒューゴ君と相談して決めたことだ。看護師の君にとやかく言う権利はない。」 ルーファスに冷淡とも言える口調で制されて、 シェリーは口をつぐむ。

彼の言う事は正しかった。 大人に比べて、14歳のヒューゴの体は小さい。 《結晶病》が心臓に達して 命を奪うまでの時間もその分短い。 早急に手術を進めるのは医者として当然の判断だ。 ──それでもシェリーには納得がいかなかった。

「先生は……ヒューゴ君が手を失うことについて  なんとも思わないんですか!?」

「……命を助けるのが最優先だ。死んでしまえば夢を追うこともできまい。」

ルーファスは即答してみせる。 これはカタリナを失った事で形成された、 医師として譲れない信念だった。 シェリーはその言葉に落胆の色を隠せない。

「……私は必ず、あの子を助ける。」 ルーファスはシェリーの肩の向こうに見える、 背を向けたままの巨躯の医師に言い放った。

「……断る手間が省けたぜ。せいぜい頑張りな、ルーファス先生よ。」

グレンはそれだけ言って後ろ向きに手を振ると、 結局一度も視線を交わさないままその場を後にした。

「……情けない男だ。」 ルーファスはそう呟くと、 シェリーに仕事に戻るよう促した。 病院に内緒で闇医者を呼んだ事に関しては 今回だけは見逃すという。

彼女は肩を落とし、俯いたまま聞いていた。 それは何かを考えているようにも見えた。

「もう、奴とは関わるな。……君にとっても辛いだけだろう。」

シェリーはその言葉に途端に顔を上げると、 大きく首を振ってそれを否定した。 そして、ルーファスの眼を見つめて言う。 「ルーファス先生、ごめんなさい。私、グレン先生に言い損ねたことがあるんです。」

「……何?」 シェリーはルーファスの問いに答えることもせず、 急いでその場を去っていった。

屋上に1人残されたルーファス。 吹き抜ける風が彼の白衣をなびかせると、 彼は額に手を添えて大きなため息をついた。 

「……やれやれだ。」

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.