Kiseki Wiki
Advertisement
Kiseki Wiki

[Special Feature] Comment from Speaker MacDowell
We had the unique opportunity to briefly interview Speaker MacDowell on August 31, the day before the start of the war. Addressing the residents of Crossbell, he had the following to say:
'About a year and a half ago, on January 14, seventy years of Crossbell history as an independent country came to and end. We were not able to prevent that, despite the love we harbor for our homeland. Powerless as I may be, even I can imagine the complex, rueful sentiment my fellow Crossbell citizens have lived with since that fateful day. We've found ourselves at a dead end, and the more we look for a way out, the more hopeless it seems. No doubt many of us are exhausted from treading this seemingly endless path of harship. But we must not forget about those who stood strong when we could not--those who continue to fight for our cause. They are still out there. We can yet find the strength to overcome the barriers that rebuff us and think together about what future we want for Crossbell.'
On the subject of Crossbell, starting today, access to Tangram Fortress and the surrounding area is restricted.

[Events] The Stars of Arc en Ciel Shine Again!
Arc en Ciel's long hiatus came to and end on, August 30 when the troupe staged an exclusive rehearsal performance, boosting morale on the eve of all-out war.

Dazzling Dancer & Stage Surprises
In the absence of two members from the troupe's main ensemble, a new star rose in their place--Sully Atraid, who debuted as the Starlight Princess only two years ago, dazzled the audience last night with her beautiful dancing. Heimdallr Opera House's top performer, the formerly-missing Vita Clotilde, also made a surprise appearance. Captivated by these two stellar performers, the audience erupted in thunderous applause.
Most of the seats were occupied by military personnel who received free tickets to the show, but it was also broadcast live on truck-mounted monitors throughout the city's streets, courtesy of Speaker MacDowell, so everyone could enjoy it.

[Incident] Bizarre Phenomenon in Erebonia
While the air was rife with positive energy in Crossbell thanks to the Arc en Ciel show, a disconcerting phenomenon occurred in Erebonia. Five giant spires appeared all over the country, along with a massive floating structure in the skies above Heimdallr.
The government announced the latter of these objects to be the Empyreal Fortress, the ultimate weapon to be used against the Republic of Calvard, while the spires seem connected to it in some way.

[From the Editor] Till Our Flag Flies Again
Looking at an old issue of the Crossbell Times, I let my thoughts drift back to the wintry day when we became Imperial subjects. Do we still have the strength to imagine a different future for Crossbell? If someone were to ask me, I'd answer 'yes' without skipping a beat--not because I'm putting on a strong front, or getting lose in some pipe dream, but because I know many others who share that same belief. We will always hold the spirit of Crossbell in our hearts. One day, we will proudly fly our flag again.
(Grace)

【特報】マクダエル議長の談話
開戦前日となる8月31日──本誌は、マクダエル議長より
談話をとる機会に恵まれた。僅かな時間に語られたクロスベル
市民へのメッセージを、ここに掲載する。

「およそ1年半前の1月14日、70余年に渡るクロスベルの
歴史が幕を閉じた。どれだけこの地を愛していようと、己の力
で故郷を守りきることはできなかった。……あれからの日々を
皆がどのような想いで過ごしてきたか、たとえ無力な私であっ
ても想像に難くない。
袋小路に入ってしまった我々が、正しき道を見出し進もうと
すればするほど、険しさや苦しみはより伴ってくる。どこまで
続くか分からない終点の見えない道のりは、前を見据える目を
閉じさせ歩みを止めようとしてくるだろう。
だが忘れないでほしい。我々の傍にはこれまで誰がいたかを。
我々のために戦い続けている者たちが、今もいることを。その
存在を胸に抱いて、激動を乗り越える力としてほしい。これか
らのクロスベルがどうあるべきか、共に思い描き続けてほしい
のだ。……それがたった1つの、私の唯一の望みだ」

議長の談話は以上だ。また連絡事項として、本日以降は東部
のタングラム要塞方面への接近は禁止されている。各々ご注意
頂きたい。

【催事】アルカンシェル、星とともに復活!?
去る8月30日、ほぼ休演状態となっていた《アルカンシェ
ル》に、久方ぶりにスポットライトが灯った。開戦直前の士気
を高めるべく、急遽限定公演が決まったのだ。

◆次代の舞姫サプライズも◆
看板女優2人が降板を余儀なくされている中、ステージに現
れたのは、次代を担う“星の姫”──シュリ・アトレイド。共
に登場した銀髪の女性ダンサーと、華麗なダンスを披露した。
その後は、消息不明とされていた帝都歌劇場のトップスター
──ヴィータ・クロチルダが登場するサプライズもあり、会場
が大歓声に包まれたのは言うまでもない。
客席には特別優待チケットを受け取った多くの軍関係者の姿
が見られたが、マクダエル議長の計らいで街頭にはモニター車
が手配。市民たちも暫しの歓楽を得ることができた。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【事件】帝国本土で異変発生
《アルカンシェル》の公演がクロスベルを賑わせた一方──
帝国本土では各地の空に5本の“杭”が、帝都上空には巨大な
浮遊建築物が顕れる異変が発生した。
政府の発表によれば、後者は《幻想機動要塞》という対共和
国戦の最終兵器で、謎の“杭”もそれに連なるものとのことだ。

【編集後記】旗を掲げるその日まで
私たちが“帝国人”となったあの冬──当時発行したクロス
ベルタイムズの号外を、今読み返している。故郷の未来を想像
する力は、まだ自分たちに残っているだろうか。
その問いに、私は「はい」と答えられる。見栄を張りたいわ
けでも、絵空事を並べたいわけでもない。ただ、そう信じられ
る。同じ答えを抱く若者たちを、私は知っているから。
考え続けることを、諦めてはいけない。打ちのめされたって、
また立ち上がろう。何度も……何度でも。
再び旗を掲げる、その日まで。(担当記者グレイス)

Advertisement