FANDOM


Mark and the Witch of the Deep Forest - Part 2 by Shawn Arnham

The girl, Anna, guided an exhausted Mark to the house where she lived. It was along a path he had explored many times before while lost. He could not help but wonder why he hadn't been able to find the now-obvious building.

'It's usually hidden with magic.'

Anna said this matter-of-factly. She treated him to some soup.

Mark ignored the statement and looked around restlessly. In a brilliant crystal ball flashed images of the children in Mark's village. Bookshelves held books with titles written in languages he had never seen. Inside a cauldron bubbled a mysterious liquid. It truly was a hut fit for a witch, just like his father's story.

'Hey Anna, do you know my father?' The witch girl nodded in response.

'Ten years ago, your father saved me from a monster's attack. After I treated him to soup as thanks, he mentioned you, who had just been born.'

Mark knew something was out of place. She talked about something from so long ago. He concluded that perhaps witches don't age.

Thinking she might understand since it seemed she knew his story, Mark asked, to prove that his father was not a liar, if she could come with him and stand before Ron.

Anna shook her head and said, 'I have been feared and shunned for a long time. No, I do not want to be seen in public.'

Her voice was distant and lonely. Mark wondered if this was the reason she lived alone.

Mark abandoned the idea of bringing her to the village. Anna seemed disappointed. She thought he would be more persistent.

'I will not be able to stun Ron, but at least I can see myself that my father's story was true.'

Anna gave Mark the directions to return to his village, and he promised to visit again. He started on his way, unintentionally skipping in excitement. When he arrived back at the village, he noticed that many townsfolk were walking about even though it was still late at night. Mark went pale when he realized they were looking for him. Afraid of being found, he hid in the overgrown grass.

'Hey, did you find anything?'

'No, not over here.'

Mark continued to deliberate over how he would apologize for worrying the villagers, when he overheard:

'Where have Mark and Ron gone...?!'

Ron? Mark didn't expect to hear an additional name, so without thinking, revealed himself. The villagers were startled, then relieved. They scolded him for having gone missing. Once they learned Mark had definitely returned alone, their worried expressions returned.

'What in the world happened?' Mark asked.

The adults exchanged glances and answered:

'It seems Ron also entered the forest alone!'

【マルクと深き森の魔女・中】ショーン・アルナム著

アナと名乗った女の子は、疲れたマルクを自分の住む家へと案内しました。それはマルクが迷っている間、何度も通った道の途中に建っており、なぜその存在に気づかなかったか彼は不思議でなりませんでした。

「ふだんは魔法で隠しているの。」

アナは当然のように言うと、マルクに暖かいスープを振舞います。当のマルクは、投げかけた疑問に答えてくれた彼女を放って、キョロキョロと家の中を見回しています。机の上の綺麗な水晶玉にはマルクの村の様子が絶えず写っており、本棚には見たことのない言葉で書かれた沢山の本が納まっています。釜の中では不思議な色をした液体が、ぐつぐつと泡をたてて煮だっています。それはまさに、マルクが父から聞いた話のとおりの魔女の住む家だったのでした。

「ねえアナ、僕の父さんのこと、知ってる?」魔女の女の子は突然の質問にもこくりと頷きます。「10年前、あなたのお父さんは魔獣に襲われていた私を助けてくれたの。」「お礼にスープを振舞ったら、生まれたばかりのあなたのことをとても自慢してくれたわ。」

アナが昔話を話す姿には違和感を感じましたが、魔女はきっと歳をとらないんだとマルクは自分で納得していました。

そして、自分の事を知っているなら話が早いと、マルクは自分と一緒に来て欲しいと切り出します。父の冒険(たん)が本当であると証明するために、ロンの目の前にアナを連れて行きたい、と。

ですが、アナは首を横に振って言います。

「私は昔から人々に不気味がられてのけ者にされてきたの。」「だから、人前にはあまり出たくないわ。」

そう語るアナは、なんとも寂しそうなのでした。こんな森の中に1人で住んでいる理由がなんとなく分かった気がしました。マルクは魔女を連れ帰るのを諦めることにしました。アナはマルクの様子に拍子抜けします。もっと食い下がられるかと思っていたのです。

「ロンの鼻を明かす事はできなくなるけど、父さんの話がウソじゃないって分かったしね。」

マルクはとにかく、魔女の存在をその目で確かめることができたのが嬉しくてたまらないのでした。アナはそれを聞いて、笑みをこぼします。

──マルクはアナに村への帰り道を教わると、また会う約束をして魔女の家を後にしました。魔女の友達ができ、マルクは思わずスキップして帰り道を辿っていきます。一刻経ってようやく村につくと、夜中だというのに何人もの村人たちが出歩いているのに気づきました。きっと村を抜け出して森に入った自分を探しているのだと思い、マルクは青ざめました。怒られるが怖くて、こそこそと草陰に隠れます。

「……おい、いたか?」「いや、どこにもいない。」心配をかけたことをどう謝ろうかと考えていると、村人たちの話し声が聞こえてきます。

「マルクとロンはどこに行ってしまったんだ……」

──ロン? 予想外の名前を聞いて、マルクは思わず草陰を飛び出します。突然現れたその姿に、村人たちは驚きました。叱る言葉や安堵するため息が聞こえます。そして、マルクが1人でいたのを知ると、再び村人たちの表情が曇ります。

「一体なにがあったの?」

マルクの問いに、大人たちは顔を見合わせてから言いました。

「どうやらロンも、1人で森に入ってしまったようなんだ……!」


Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.