FANDOM


Paranormal Crossbell Collection (クロスベル怪奇(かいき)全集(ぜんしゅう)) is a book that can be found in Zero no Kiseki in the Crossbell City Library.

Contents

Paranormal Crossbell Collection

Crossbell is home to numerous unsolved mysteries.

There are numerous unexplored ruins throughout the state. An innumerable number of people have been injured while seeking answers or treasure.

 ・ ・ ・ ・ ・

<Case 1: Moaning in the Ancient Battlefield>

Did you know? History tells us that the Ancient Battlefield, found along Old Armorica Road, was the location of a great battle between the Empire and the Republic in ancient times.

Many years ago, Mr. A (alias), a CGF officer, investigated the battlefield.

The unit commanded by Mr. A searched until they came across an ancient fort. They heard a voice from within calling, '...Someone...find...' Thinking someone was trapped in the fort, the unit tried to find a way in to no avail. After a fruitless search, they soon stopped hearing the voice. Tired, they set out back home, convinced that it was just in their heads.

Then, they heard the voice again:

'Someone...find...my heeead...'

It was a frightened, male voice.

Upon hearing it, the soldiers felt a sense of dread and vertigo wash over them. They fled, fearing for their lives. Mr. A's unit did not report this to anyone and swore to never speak of it. However, rumors began to spread. More and more reports have claimed that a voice was searching for something in the Ancient Battlefield.

 ・ ・ ・ ・ ・

Is it a ghost of an ancient soldier? Or worse? The truth is still out there, waiting to be found. It's up to you whether or not you believe it.

クロスベル怪奇全集


このクロスベル自治州には、数多くの怪奇スポットが存在すると言われている。

元々、未だ歴史の判明しない遺跡も数多く存在し、ほんの好奇心でそういう場所に近づいてしまい、結果恐ろしい出来事に遭遇してしまった人も少なくない。

 ・ ・ ・ ・ ・

<ケース1:古戦場での呻き声>

アルモリカ古道の途中にある《古戦場》をご存知だろうか。旧時代の帝国・共和国が戦いを繰り広げたという、いわくつきの場所だ。

数年前、クロスベル警備隊員であるAさん(仮名)は、警備隊の調査任務で古戦場を訪れた。 

Aさんが率いる部隊はきびきびと調査を進め、最後に辿りついた場所にあった古い砦で、声を聞いた。「誰か……探して……」助けを求めるような声だ。

使命感から砦に侵入しようと試みたが、どこにも侵入経路は見つからない。いつしか声も聞こえなくなり幻聴だったと自分たちを納得させたAさんの部隊は、砦から引き上げようとした。

すると……再び声が聞こえたのである。

「俺の頭を……探してくれぇぇぇえ……」

それはあまりにも恐ろしい男の声だったという。

声を聞いた警備隊員たちは原因不明の吐き気や眩暈に襲われ、命の危険を感じて一目散に退却した。

Aさんの部隊はその日の出来事を誰一人として報告しなかった。あまりの恐怖に口にすることすらためらわれ、この体験は彼らの胸の奥に封印された。

以来、古戦場には、探し物をする男の声を聞いたという体験談が数多く報告されている。

 ・ ・ ・ ・ ・

旧時代の兵士の亡霊なのか、はたまた他の何かか。このエピソードの真相はまだ分かっていない。信じるかどうかはこれを読んでいる読者次第だ。

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.