FANDOM


Chapter 4 - A Righteous Display

Upon seeing the Blue Knight appear like a shadow from the heart of the forest, the men harassing the girl could only gape in amazement.

'Leave the girl, and leave this place,' the Blue Knight declared from the depths of its helmet.

This was the ventriloquism that the old master had drilled into his head as a secret of puppeteering.

'Who the... Who the hell're you? Get outta here before ya get hurt!'

'Fools...'

With a jab from its clockwork fist, the Blue Knight knocked back the man holding the woman and pivoted swiftly to kick both men away.

'Are you hurt, young lady?'

'N-No, I am well.'

'Good. 'Twould be best if you stood back.'

At last, the Blue Knight drew its sword.

Swathed in black, a third man who seemed like the leader approached.

'Not bad for a wanderer...'

Pedro eyed the new arrival. The black-garbed man's stance suggested he knew something of proper swordsmanship.

'Enough playing, though. Hand over the girl and I'll see you rewarded.'

'To ignore one's duties is to be without courage. I fear I cannot do that,' said the Blue Knight.

'Well, then...DIE!' screamed the black-garbed man and attacked.

第4話 義を見てせざるは

森の奥から、影のように現れた蒼騎士を見て 女の子を襲っていた男たちは目を丸くしました。

『娘を置いて、立ち去るがいい』 蒼騎士は、兜の奥から警告を発しました。 人形師の奥義のひとつとして 老師匠から叩き込まれた腹話術です。

『なんだァ……テメエは?』 『怪我しねえうちに、さっさと消えろ!』

『愚かな……』 蒼騎士は一足で間合いを詰めました。 正拳で、女の子を捕まえていた男を昏倒させ ふり向きざまに2人の男を蹴り飛ばします。

『ケガはないかな、お嬢さん?』 『は、はい。平気ですわ』 『結構。離れているがよかろう』 蒼騎士は、ようやく剣を抜き放ちました。

黒装束をまとった、首領格の男が近づいてきます。 『流れ者か。やるようだな……』 そういう黒装束の構えも本格的で 正式な剣術の心得があることを うかがわせました。 『だが、お遊びはここまでだ。小金をくれてやるから、娘を渡せ』

『義を見てせざるは勇なきなり。それは出来ぬ相談だな』

『ならば……死ねいッ!!』 鋭い気合と共に、黒装束が襲ってきました。

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.