FANDOM


Chapter 9 - Afternoon in the Lesser Palace

Afternoon in the palace began with a tea party in the gardens. The princess, as always, filled three cups with black tea from the pot.

'Please, enjoy your tea.'

'My thanks,' the Blue Knight intoned.

'Thank you very much,' Pedro said.

Pedro moved the Blue Knight with his left hand as he sipped the tea made by the princess. It was the happiest moment in their otherwise busy days.

'Good servant, you really seem to enjoy your tea. It makes it very worth the effort for the one who made it.'

'Haha... You are too kind.'

Smiling bitterly, Pedro pulled his strings.

The Blue Knight, in one go, emptied the tea in the cup into the leather sack in his neck.

At this, Princess Tia could only sigh.

'Whereas Sir Pedro here seems to hardly find it delicious at all. It makes it difficult to be motivated...'

'Pardon me. I fear I am an impolite man.'

In his heart, Pedro felt a nervous edge, but the Blue Knight answered with an ever calm face.

There had been countless moments where it seemed as if everything would be revealed, but Princess Tia showed no signs of doubting the truth of the Blue Knight.

The princess smiled faintly, but her expression quickly turned somber.

'I suppose it doesn't matter. These fun afternoons will end tomorrow. After the crowning ceremony the following day, you shall both leave the city, after all...'

第9話 小王宮の午後

王宮の午後は、中庭での茶会で始まります。 王女はいつものようにポットを傾けて 3つのカップに、紅茶を注ぎわけました。

『さ、どうぞ召しあがれ』 『かたじけない』 『いただきます』 ペドロは左手で蒼騎士を動かしながら 王女が淹れてくれた紅茶をすすりました。 忙しい1日で、もっとも幸せな瞬間です。

『従者どのは、とっても美味しそうに召しあがってくださるのですね。淹れる方としても腕が鳴りますわ』

『はは……恐縮です』 苦笑しながら、ペドロは糸を引きました。 蒼騎士の喉に取り付けられた革袋の中に 淹れたての紅茶が一気に注がれていきます。

ティーア姫は、はぁと溜息をつきました。 『それにひきかえペドロ様ときたらちっとも美味しそうじゃないんですもの。張り合いがありませんわ……』

『面目ない。不調法なものでな』 ペドロは内心、ヒヤリとしましたが 澄ました顔で蒼騎士に答えさせました。

これまで、暴露してもおかしくない瞬間は 幾度となくあったのですが、ティーア姫は 蒼騎士の正体を疑うそぶりも見せませんでした。

ふと王女が、淋しそうにうつむきました。 『楽しい午後も、明日で終わりですね。あさっての戴冠式が終わればお二人は都を発たれてしまうのですもの……』

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.