Kiseki Wiki
Kiseki Wiki

Chapter Two – Conquest

The voice finished speaking, and three pillars of light descended from the heavens into the three boys. Then it vanished as quickly as it came. They looked at the sky again, and then at each other. Had all that been real?

‘You think maybe we got so into the game we started hearing things?’

‘No way! We all heard the same thing—it had to be real! That voice said it would give us power.

Maybe we can...I dunno, use some kinda special skills now or something?’

Ondel tried waving his arms around, but nothing happened.

‘Come on, give us some kind of hint...’

Ondel tried raising his arm one more time. Suddenly, there was a crackle of energy, and lightning—or something that looked a lot like it—started to shoot out of his palm.

‘Whoa, did you see that?! Come on, guys, you try it, too!’

Following their friend’s example, the other boys raised their hands. A wild wind shot out from Monty’s, while Keith unleashed a torrent of water. Ondel was thrilled.

‘It worked! We got the hero’s ancient power, for real! With this, we could… take over the world or something! That’d be cool, right?’

The others were less enthusiastic about their newfound powers.

‘I could never do that. I get scared just talking in front of big groups of people’.

‘We can’t go showing off this power to just anyone. We have to keep it a secret, or else people’ll try to use it for crimes and stuff.’

Ondel couldn’t believe his ears.

‘What’s wrong with you guys? We were given these powers for a reason! We can’t just waste them!

Well, fine. If you’re chicken, then I’ll do it myself!’

Before they could reply, he stomped away, leaving them still a little dazed and confused about what had just transpired.

‘I’ll show them… I’ll show them all. Taking over the world will be a cinch. And I’ll start with the kids in the plaza...’

The next morning, Ondel snuck out of his house and went to the capital alone. He found all the kids at the plaza and showed them his new trick.

‘Check it out! It worked! I’m a real legendary hero now!’

‘Wow, that’s so cool! You can shoot beams without using an orbment or anything!’

This was exactly the reaction Ondel had been hoping for.

What was wrong with Keith and Monty? Who wouldn’t want to be a hero and have people admire them like this?

‘I’m going to tell everyone about this and take over the world! Follow me!’

With another mighty cheer, they all set off joyously. Ondel now set his sights on the city’s grown-ups.

He showed his power to them just as he had to the kids, but it didn’t work out the way he expected. None of them took him seriously. They all thought it was just some kind of childish game and told him not to play with orbments. Ondel grew impatient. He raised his palm again and again, and with each bolt he sent into the sky, the clouds got darker and darker. Before long, a storm was raging up above. Lightning struck an orbal street light, shattering the glass and bending the pole into a strange, twisted shape.

‘See?! Not just anyone can do that, right?’

That got their attention. People who’d been passing by were now stopping to stare at the destruction.

‘I’m going to use this power to become a legendary hero. Follow me to glory!’

Now they’d all fall in line and cheer for him—or so Ondel thought. One old man clearly had other ideas.

‘Now look here, sonny. Enough of this horseplay. You can’t go around smashing things up like that. What would you have done if one of them bolts had hit someone, eh? What if you’d hurt one of your friends or burned someone’s house down?’

His words shook Ondel. They had an even more dramatic effect on the crowd. Everyone started to lose interest and wander off—even the kids who’d followed him all this way.

‘It’s s’posed to be three heroes, right?’ queried one kid.

‘This guy’s gotta be a fake...’

Slowly but surely, they all disappeared.

‘I’m not a fake! It’s true! You saw what I can do, right? I’m the chosen one!’

But they wouldn’t listen. Dejected and alone, Ondel dashed down a back alley. He was afraid he might burst into tears, and he didn’t want anyone to see that. Eventually, he found himself at an empty lot. He thought he was finally alone, but then a man appeared, seemingly out of nowhere.

‘Hey, kid. You’re one of the ‘legendary heroes,’ right? Don’t worry. I believe in you. You’re the real deal, I can tell.’

Finally, somebody who understood.

‘Th-Thanks… I was kinda starting to wonder if I’d made some kind of mistake...’

The man knelt down so he could look Ondel right in the eye.

‘Nah. I think the only mistake you made was not going far enough.’

Something about the way the man spoke was unsettling. Suddenly, Ondel felt a pressure over his mouth, and a strange smell, and he started to feel very sleepy…

‘Heh. I can’t believe he fell for it. Some ‘chosen one’ he turned out to be.’

With that, the man hoisted Ondel over his shoulder and stuffed him into the back of an orbal car.

中巻【世界征服】
その声が聞こえなくなると同時に、見上げた空から3人をめ
がけて3つの光が落ち、3人の身体に直撃しました。狼狽えて
頭をさすったオンデルは再び空を見ますが、これ以上何かが起
こる様子はありません。
「ごっこ遊びが本格的過ぎて、
僕達幻覚を見ちゃったのかな……?」
「いいや!オッサンの声が
『その手に力を授ける』って言ってただろ?
怪力になったとか、何か操れるようになったとか、
何か出来るようになってるんじゃないか!?」
オンデルは手を使って様々な行動を試みますが、特別な事は
なにも起きません。
「もっとヒントをくれよ、オッサンの声……」
そう呟いて、声が聞こえた空に向かい、何気なく掌をかざし
ました。すると――驚くべきことに、オンデルの掌が青白く光
り、電撃が迸ったではありませんか。
「出た!今、掌から雷みたいなものが出たぞ!
見てたかモンテ!ほらキースも手をかざしてみろよ!」
オンデルの言葉を受けて、2人も掌を前にかざします。する
と、モンテの掌からは突風が生まれ、キースの掌からは水が湧
き起こったのでした。
「ほらな、俺達こそが伝説の選ばれし3人なんだよ……!
この力で何か特別なこと――そうだ、世界征服しようぜ!
世界のてっぺんに立つべき特別な人間なんだよ、俺達は!」
拳を握り締めてオンデルは熱弁します。しかし、オンデル以
外の2人は気乗りしない様子でした。
「世界征服なんて突拍子もないし……
人前に立つ勇気すらない僕には、できっこないよ……」
「この力は隠すべきだ。目立つ行動はするべきじゃない。
誰かに知られたら、悪用されるのが関の山だ」
2人に水を差されたオンデルは、語気を荒げて言いました。
「選ばれし者が特別な事をしないなんておかしいだろ!
もうお前らなんて知らない!俺1人でやってやる!」
オンデルは何か言いたそうな2人に背を向けて走り出します。

「絶対に世界征服して俺が選ばれし者である事を証明してやる。
手始めに、広場に集まっていた子ども達からだ!」
翌朝、オンデルは家族に内緒で家を飛び出して帝都の広場へ
と向かいました。そして広場に居る子ども達を集め、雷の力を
披露します。
「伝説の選ばれし3人ごっこは現実になった!
見ろ、選ばれし者である俺の力を!」
「すごい!オーブメントも無しに雷を操ってるよ!」
子ども達は感心した声を上げました。オンデルは、これこそ
が選ばれし者のあるべき姿だよなと誇らしい気持ちでいっぱい
です。
「今から俺は、俺を世界に知らしめるために世界征服をする。
どうだ!皆、俺について来てくれ!」
そう呼びかけると、子ども達は喜んでオンデルと共に往くと
名乗り出ました。
次にオンデルは子ども達を連れて帝都の大人達に向かい、
雷の力を見せびらかしながら先程と同じ演説をします。
しかし、大人達は子どもの悪ふざけと思っているのか、見向き
もしません。オンデルがむきになって掌を何度も空にかざす
と、掌から放たれた雷は雲に呑み込まれ、無数の巨大な雷とな
って帝都中に落雷しました。その内一つは演説をするオンデル
の近くに設置されている導力灯にドカンと爆音を轟かせて直撃。
導力灯を捻じ曲げる程の破壊力でした。
「ほら、こんなこと普通のヤツには出来ないだろ!?」
今度はただのごっこ遊びでは無い事を察した大人達が少しず
つオンデルの前で足を止め始めました。
「俺は世界のてっぺんに立つべき、伝説の選ばれし者だ!
皆、俺について来てくれ!」
オンデルは、広場の子ども達と同じように誰もが特別な自分
を讃えると信じていました。しかし、オンデルの前に一歩進み
出たお爺さんの眼差しに、そのような感情は一切ありません。
「小僧、おふざけにも限度があるってもんだ。
街の物を壊しておいてタダで済むと思うなよ。
それにもし本当に小僧が雷を操ってるとしたら、
さっき落ちた雷の下に何があるか想像した事はあるか?
誰かの家が燃えたとしたらどう責任をとるんだ?」
お爺さんの言葉は、調子に乗っていたオンデルの心を凍り付
かせました。お爺さんの言葉を皮切りに、彼の前で足を止めて
いた数人の大人達は興味を失い去って行きます。彼を取り囲ん
でいた広場の子ども達も、叱られている彼を見て幻滅したよう
でした。
「力がある以外は何も凄くないじゃん。そもそも、
伝説の選ばれし3人なのに1人だけだし、偽物なのかもよ」
子ども達は小声で相談すると、オンデルの元を離れて行き
ました。その場に残ったのはオンデルただ1人。
「偽物じゃない!俺は本物の伝説の選ばれし者なんだ!
だから、すごいヤツのはずなんだよ……!」
オンデルは人通りが少ない裏路地へと、逃げるように走り出
しました。しばらくすると、がらんとした空き地に辿り着きま
す。ようやく自分を責める人が居なくなったことに安堵したオ
ンデル。しかし気配もなく現れた男が声をかけてくるのでした。
「お前、伝説の選ばれし3人の1人なんだってな。
俺はお前が本物だって信じてるんだ。
だからこうしてお前の後を付いて来たって訳よ」
それを聞いたオンデルは強張っていた肩から力を抜きます。
「ありがとな、俺もう少しで自信を無くすところだった」
男はオンデルと同じ目線まで屈み、いいってことよ、と言っ
て気さくな態度で応じます。
「――ま、お前の場合は小物過ぎただけだと思うがな」
男の下卑た声音に違和感を覚えた直後、オンデルは鼻に何か
を当てられて、ツンとしたものを感じた直後、一瞬で全身から
力が抜けて意識を失ってしまいました。
「伝説の選ばれし者とか言いながら、
こんな簡単に捕まえられるなんてな」
そう呟くと、男はオンデルを抱えて導力車に乗り込むのでし
た。