Long, long ago, in an era when mankind was divided by conflict into West and East, there lived a very kind girl in a certain town.

The girl eagerly treated those wounded in battle or ravaged by disease, gaining the admiration of everyone in town... Except for the ruling lord, who cared little for the girl who nursed enemy mercenaries back to health.

One day, the lord summoned a guardian knight. 'Have that pesky maiden slaughtered!' The lord had enough. He wanted the girl to be eliminated.

The girl lived alone in a house on the cliff above the sea. The guardian knight headed toward the house to carry out the deed.

No one would suspect a thing. He hid in the forest near the house and waited.

That night, the girl emerged from the house to draw water from the well. As the knight left his hiding spot, he heard a howl. A white wolf had appeared before him.

The white wolf stared at the knight with red eyes. It was as if it was there to protect the girl. The knight promptly tried to escape, but his feet slipped. He then tumbled down the cliff.

When he came to, he found himself on a simple bed. Idly looking around, he saw the girl standing there in the kitchen. Noticing the bandages carefully wrapped around his body, he realized that the girl had saved him.

'I am relieved you woke up.' As the knight was treated to warm soup, he felt sorry for the girl. He told her his lord commanded him to kill her. The girl was a little surprised when she heard that, but soon smiled as though unfazed.

'Even still, I cannot just look away when a life granted by the Goddess is in danger.'

The knight was moved by these words. For her to be so kind towards someone who might have slaughtered her...she must be a daughter of the Goddess. And he would have done it were it not for that white wolf. The thought brought a chill down his spine. The white wolf must be a servant of the Goddess, ordered to protect Her daughter.

A few days later, when his body was fully healed, he thanked the girl, and it was now time to go back. He began to consider how he might convince his lord to change his mind.

The girl joined him on his way to town to check upon her other patients.

The knight pondered more. He asked the opinion of the girl. She did not seem to care about being disliked by people.

As they approached the town, they noticed it was dyed red like a sunset.

But it was still noon... Finding it strange, the girl and knight ventured forth to find out what happened. What they found was frightening.

The town was red not by sunset, but by the flames of war.

むかしむかし、とおいむかし。

人々が西と東に分かれて長い戦いをしていた時代、とある町に、大変心優しい娘がいました。

娘は戦いに巻き込まれた怪我人や、流行り病に苦しむ病人たちを熱心に看病し、皆を支えていました。

娘は町の皆から好かれていましたが、町を侵略しにきた敵国の傭兵すら看病してしまう彼女を、領主だけはよく思っていませんでした。

ある日領主は、護衛の騎士を呼びつけて命じます。「あのいまいましい娘を斬ってまいれ!」ついに、娘に刺客が差し向けられてしまったのです。

娘は町外れの切り立った崖の上の家に1人ぼっちで暮らしていました。騎士は領主の命令を果たすため、娘の住む家に向かいます。

暗くなってから後ろからひと突きすれば、だれにも気づかれることはないでしょう。騎士は家の近くの森にひっそりと隠れ、夜を待つことにしました。

その夜、娘が井戸水を汲む為に家から出てきます。騎士が待っていたとばかりに、森の中から出ようとしたそのときです。「うぉぉぉん」という鳴き声が辺りにひびき、騎士の前に1匹の白い狼が現れました。

白い狼はその紅い瞳で騎士を睨みつけます。まるであの娘のことを守っているかのようです。早くこの場から逃げようと慌てて走り出した彼は、うっかり足を滑らせて崖の下に落ちてしまいました。

騎士が目を覚ましたのは、簡素な作りのベッドの上でした。ぼんやりと辺りを見回すと、台所にあの娘が立っているのが見えます。次に体に丁寧に巻かれた包帯を見て、娘が助けてくれたことに気づきます。 「よかった、目を覚ましたんですね」

温かいスープをふるまわれた騎士は、彼女に申し訳なく思います。そして、自分は領主の命令で娘を斬るために来たことを正直に話しました。

娘はそれを聞くと少し驚いた様子でしたが、すぐに何ごともなかったかのように微笑みます。 「それでも、女神さまに与えられた命が失われるのをただ見ていることはできないのです」

騎士は娘の言葉に胸を打たれました。自分の命を狙った人間にこうまで優しくあれる彼女を、まるで女神の娘のようだと思ったのでした。もし、あの白い狼が現れていなかったら、自分は彼女を斬っていたことでしょう。そう考えると背筋が凍ります。白い狼はきっと、娘を守るために使わされた女神の僕にちがいありません。

数日後、体の治った騎士は娘に礼を言い、領主のもとに戻ることにしました。領主を説得して、この娘を疎んじる考えを改めさせようと思ったのです。

娘も、いつものように看病に行くというので一緒に町へ向かうことにしました。

騎士は、領主を説得するにはどうすればいいか考えながら歩きました。娘に意見を聞きもしましたが、彼女は人に嫌われることなど気にしていない様子です。

そうして歩いて町が近づくと、まるで夕方のように紅く染まった町に気づいたのでした。

まだ昼すぎほどなのに……不思議に思った娘と騎士は、目を凝らして町の様子を伺います。そして、驚くべきことに気づいたのです。

町は、夕焼けの色などではなく、戦いの炎によって紅く染まっていたのです。


Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.