FANDOM


West Zemuria Trade Conference - Visual (Sen)

The West Zemuria Trade Conference (西ゼムリア通商会議) is a governmental political forum.

The trade conference has been held twice: first on August 31, S.1204 in Crossbell City, Crossbell. The venue for the meeting was the newly unveiled Orchis Tower in north Crossbell City. The second time on August 26, S.1206.

Leaders at the Conference

The conference participants consisted of the following members:

Member Represented by Title
Crossbell Dieter Crois

Henry MacDowell

Mayor

Speaker

Erebonia Olivert Reise Arnor

Giliath Osborne

Prince

Chancellor

Calvard Samuel Rocksmith President
Liberl Klaudia von Auslese Crown Princess
Remiferia Albert von Bartholomäus Prince

Terrorist intervention

The first conference was interrupted in its latter half by a terrorist attack. The attack was a joint effort of an anti-immigration group operating in Calvard and the Imperial Liberation Front operating in Erebonia. Targets of the attack were their respective governments' representatives, President Rocksmith of Calvard and Chancellor Osborne of Erebonia. The terrorists attacked through two airships equipped with machine guns. Soon afterwards, the terrorists from both groups infiltrated the building and began a dramatic shootout with security forces, which eventually managed to corner the terrorists after which they fled the building.

Transcript

Below is a full transcript of the first trade conference.

First half

13:00--

Speaker MacDowell: --Ladies and gentlemen, let us start the West Zemurian Trade Conference.

Speaker MacDowell: If I may be so audicous to move forward the proceedings, my name is Henry MacDowell. The meeting will consists of breaks in-between and is scheduled to last for approximately 5 hours. Naturally, depending on how the meeting progresses, this can be shortened and lengthened at will. Furthermore, two observers will be attending the meeting.

Speaker MacDowell: Lawyer Ian Grimwood is a specialist on law regarding Crossbell and its surrounding nations. Since he is intimately familiar with international law and customary law, he was requested to attend present meeting.

Lawyer Grimwood: It is a pleasure to meet you. My name is Ian Grimwood.

Prince Olivert: Hoho, so that’s the famous Hige-sensei.

Prince Albert: Hm, so he was part of the human right issue...

Princess Klaudia: Heehee, nice to meet you!

Lawyer Grimwood: Haha... I’m wholeheartedly at your service.

Speaker MacDowell: Arios MacLaine is a bracer known for his achievements in our neighbouring countries. His position within the Bracer Guild had us request him to guarantee our safety during the meeting.

President Rocksmith: Haha, the “Divine Blade of Wind”, right? I have heard his name circulate through the Republic.

Chancellor Osborne: Likewise for the Empire. To think that the wind of Divine Blade blows over Crossbellan soil.

Bracer Arios: ...Thank you very much.

Speaker MacDowell: And last but not least, Mayor Dieter Crois who prepared the agenda for today’s meeting. If you will fill us in on the details...

Mayor Crois: Sure.

Mayor Crois: The first item on the agenda for today is...

Second half

16:30

Chancellor Osborne: ──The problem is that just one religious order is capable of embarrassingly shaking the public order. Also, having an organisation active to main public order is simply unheard of.

Mayor Crois: ...

Speaker MacDowell: ...Would you mind elaborating the details?

Chancellor Osborne: Details are not the problem. The problem is the quality of crisis management. It is a fact that in the case of an incident, the lifes and properties of Imperial citizens residing here are in danger. What do you think of this matter?

Prince Olivert: ──Please wait, Your Excellency. Restitution and solatium have already been handed to the people. この上さらにミラを出せというのは我が帝国の度量が問われるだろう。

Chancellor Osborne: No, Your Highness. That is not the problem. The question is whether they... the government of Crossbell is capable of guaranteeing safety. Safety of human lives, safety of properties, and safety and trust in trade and the financial market!

There is too much focus on political strife,

政争にかまけ、怪しげな輩どもに付け込まれるような者たちに果たして保障できましょうか?

Prince Olivert: ...Hmph...

Prince Albert: I did hear that former chairman Hartmann lost his position and is currently facing working on [compensating his corruption]. Is it not better to build on the framework of the guarantee of security with the healthy governmental system that has been established ever since?

President Rocksmith: いやいや、大公閣下。事はそう簡単ではありませんぞ?クロスベルの政治風土は元々、腐敗しがちな傾向にあります。ディーター市長、マクダエル議長は政治家としても傑出されていますが……仮に彼らに何かあった場合、逆戻りになるのではありませんか?

Prince Albert: ふむ……

Princess Klaudia: ……悲観的な話になりますが元々、政治に腐敗は付きものです。それはクロスベルだけではなく、我が国も含めてどこも同じ……ならば今は、お2人が任期中に健全な政治体制を作れるか見守るべきではないでしょうか?

Chancellor Osborne: ……失礼ながら殿下はお若い。希望を信じたくなる気も判ります。ですがクロスベルは、伝統ある王家を戴#2Rいただ#くリベールとは違うのです。拠#2Rよ#り所となる権威の無いところでは政治はかくも容易く弱体化する……それは歴史が証明しているでしょう。

Princess Klaudia: そ、それは……

President Rocksmith: ふむ、我が国には君主はおりませんが、栄誉ある共和国憲章があります。これは、百年前の革命の時、様々な勢力と民族が集まって作り上げた奇跡的なものでしてな。それを頼りに、我が国の政治はたとえ腐敗しても誇りを失わずに存続できたと言えるでしょう。

Speaker MacDowell: ……お言葉ですが、我々にも誇りある自治州法が存在します。歴史的経緯から、様々な不備が発生しているのも確かですが……それでも少しずつですが改善できているのも確かです。

Chancellor Osborne: ……弁護士。ここ10年で行われた自治州法の追加・改正項目はどの程度かな?

Lawyer Grimwood: そ、そうですな。詳しい資料はありませんが。およそ50という所でしょうか。

President Rocksmith: 10年でたった50!それはいささか驚きですな!1年にわずか5つですか!

Mayor Crois: いえ、ここ数年では増加の傾向にあります。去年は確か、12の項目が追加・改正されたはずでしたね? Speaker MacDowell: ああ、金融と導力ネットに関する諸項目の追加が多いが……

Chancellor Osborne: いずれにせよ、その調子ではとても意義のある安全保障体制が早急に構築できるとも思えぬ。やはり現状を踏まえた対応策を話し合うべきであろう。

President Rocksmith: ええ、それは同感ですな。

Prince Olivert: ……やれやれ、あなた方がそこまで気が合うとは思わなかった。ノルド高原の領有問題についてもすぐに合意できるのではないか?

President Rocksmith: はは、これは一本取られましたな。

Chancellor Osborne: まあ、それについては別の機会に話し合いましょう。

Princess Klaudia: ……………………………………

Prince Albert: ふむ、時間が惜しい。議論を移るべきでしょうな。

Speaker MacDowell: ……分かりました。では宰相閣下の提議の通り──

Speaker MacDowell: 宰相閣下……今、何とおっしゃられた?申しわけないが今一度、繰り返していただきたい。

Chancellor Osborne: フフ、お望みなら何度でも。──クロスベル警備隊は解体。さらに、他国の治安維持部隊をクロスベルに常駐させること……それが一番現実的だと申し上げた。

Speaker MacDowell: ……ッ!

Mayor Crois: ………………………………

Princess Klaudia: お、お待ちください!宰相閣下は、不戦条約の条項をお忘れではありませんか……!?

Chancellor Osborne: ああ、武力でクロスベル問題を解決しないよう努める、ですか。しかし別に侵略をすることを意味している訳ではありません。──民間人を恐怖に陥れた軍隊もどきの役立たずな組織など解体すべきだと言っているのです。

Princess Klaudia: !

Chancellor Osborne: 実際、クロスベル警備隊など帝国軍、または共和国軍の前には存在しないも同然です。高性能な装甲車にしても所詮、戦車の前では紙切れ同然。そんなものに高い維持費を使うなら他国の戦力に安全保障を委ねる──それが“自治州”ごときには一番効率がいい在り方でしょう。

Prince Albert: ……いささか乱暴すぎる意見に思えますが。

Prince Olivert: その『他国の戦力』というのはどこを指しているのかな?まさか宰相閣下ともあろう人が歴史的経緯を忖度#4Rそんたく#もせず、帝国軍などと言わないだろうね?

Chancellor Osborne: ハハ、そうは申していません。──ですが必要ならば過去の因縁を水に流してでも帝国軍の力を提供すべきでしょう。それがゼムリア大陸西部の平和と発展に繋がるのならば。

Speaker MacDowell: くっ……

President Rocksmith: ……まあまあ。皆さん、そう熱くならずに。宰相閣下の提案は私もいささか強引に思えますな。──ただまあ、警備隊などという軍にもなりきれない治安維持組織が中途半端というのも分かります。

Chancellor Osborne: ふむ、それでは?

President Rocksmith: そこで提案なのですが、警備隊は規模を大幅に縮小……変わりにベルガード門を帝国軍、タングラム門を共和国軍が管理するというのはどうですかな?そうすれば、クロスベル市の有事にもすぐに駆けつけることが出来ましょう。

Mayor Crois: っ……!

Prince Albert: 大統領、それは……

Chancellor Osborne: ふむ、検討に値するかと。さすがは大統領閣下。数多の野党の突き上げを捌#2Rさば#きながら政権運営されているだけはありますな。

President Rocksmith: いやいや、頑迷な貴族勢力を抑えて改革をされている宰相閣下に比べれば。

Princess Klaudia: あ、あなた方は……

Prince Olivert: ……いいかげんにしたまえ。ここは2国だけの会議ではないぞ。

Chancellor Osborne: おお、これは失礼した。

Chancellor Osborne: いずれにせよ、斯様#4R か よう#な方向に議論は流れてきたわけだが……お2人の意見はどうかな?

Speaker MacDowell: …………くっ………………

Mayor Crois: ……………………………………

Mayor Crois: 今、この場で語られている安全保障の議論について……一つ私の方から提案させて欲しい事があります。

Chancellor Osborne: ほう……?

President Rocksmith: ハハハ、先ほどから大人しいと思っていたが……何を仰られるおつもりかな?

Mayor Crois: ええ、それは──

Bracer Arios: ──方々#4Rかたがた#、下がられよ!

Speaker MacDowell: な──!

Princess Klaudia: 飛行艇……!?

Prince Albert: くっ……!

Prince Olivert: まさか……テロリストどもか!?

Chancellor Osborne: ……………………………

President Rocksmith: ここで来たか……!

Mayor Crois: ご安心を!砲撃にも耐えられる特注の強化ガラスです!ですが念のため全員、お下がりください!

Lieutenant Schwarze: 殿下、ご無事ですか!

Princess Klaudia: ええ、何とか……!

Major Mueller: 今のは……ラインフォルトの高速艇か。

Prince Olivert: ああ、間違いないだろう。

Advisor Kilika: もう一隻はヴェルヌ社の軍用ガンシップですね……

Republican Army Officerええ、連中に奪われたことは報告にありましたが……!

Detective Dudley皆さん、ご無事ですか!

Speaker MacDowell: ああ、何とか……!

Mayor Crois: しかし連中はどこへ……

Man's Voice (ILF): ……ふむ。聞こえているようだな。

Man's Voice (ILF): ──会議に出席されている方々。我々は『帝国解放戦線』である。

Young man's Voice (AIG): ──同じくカルバードの旧き伝統を守るために立ち上がった『反移民政策主義』の一派の者だ。 Prince Albert: なんだと……!?

Lawyer Grimwood: 帝国と共和国で活動しているテロリスト集団……!?

Man's Voice (ILF): この度、我々は互いの憎むべき怨敵#4Rおんてき#を討たんがため共に協力することと相なった。

Man's Voice (ILF): ──覚悟してもらおう!《鉄血宰相》ギリアス・オズボーン!

Young man's Voice (AIG): ロックスミス大統領!貴方にはここで消えていただく!忌まわしき東方人に侵食されたカルバードの伝統を守るためにはそのくらいの荒療治が必要なのだッ!

President Rocksmith: ……愚かなことを。

Chancellor Osborne: フム、話にならんな。

Secretary Lechter: だが……ちょいとマズそうだなァ。

Bracer Arios: ああ──来るぞ。

Detective Dudley: くっ……!

Community content is available under CC-BY-SA unless otherwise noted.